うみとらべる

東京を拠点にして、東南アジアのぶらぶらを記録します。

シンガポール旅行記 〜1日目〜 シンガポール散策編

シンガポール1日目〜シンガポール散策〜

シンガポール旅行

さてAirbnbで借りた部屋を出て、 まずはチャイナタウンへと向かいます。
前回までの記事
シンガポール旅行記 〜羽田空港国際線〜
シンガポール旅行記 〜羽田空港とウェブチェックイン〜
シンガポール旅行記 〜1日目〜 シンガポール到着編

チャイナタウン

チャイナタウン

まずはチャイナタウンへ向かいました。
チャイナタウンはかなり中心街に近いところに位置しております。

Maxwell Food court

Maxwell Food Court

まずは腹ごしらえをするために、チャイナタウンにある有名なホーカーズ「MaxwellFoodCourt」へ向かいます。
今回いただいたのは世界展開をする口コミサイト「Yelp」でもかなりの 高評価を得ているチキンライスのお店「天天鸡饭(Tian Tian Chicken Rice」です。

天天海南鶏飯お店

天天海南鶏飯 店頭

チキンライス???と思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、 日本で食べるケチャップで味付けしたものではなく、「海南鶏飯」と呼ばれる 鶏肉の炊き込みご飯です。 (タイに行ったことある方は「カオマンガイ」とほとんど同じものです)
炊き込んだご飯にはニンニクが効いており食欲をそそります。
お好みでソースをつけて食べるスタイルとなってます。

天天海南鶏飯 チキンライス
チキンライス

天天海南鶏飯 ソース
ここのソースは結構辛かったです


正直なところ、チキンライス系のお店はハズレが少なく味の差別化も難しいのですが こちらのお店の鶏肉がとってもジューシーでペロリと食べちゃいました。

Yelp 口コミ

まだまだ日本語でのレビューは少ないですが高評価のものもありますね! Read Akira N.'s review of Tian Tian Hainanese Chicken Rice on Yelp 
今回は行けませんでしたが、「Zhen Zhen Fish Porridge」というお店のピータン粥も絶品で幾度となく朝ごはんとして いただいております。
(人気でお昼前まではに品切れになるので朝の時間帯に行きましょう!)
Read Yusuke K.'s review of Zhen Zhen Fish Porridge on Yelp

旧正月のチャイナタウン

チャイナタウン 通り
チャイナタウン通り

チャイナタウン 干し肉屋
旧正月が近かったのからか干し肉屋は人だかり

腹ごしらもおわったところで、チャイナタウンをうろちょろしてみます。
ちょうど旧正月の時期少し前だったので、たくさんデコレーションされてました。 観光地&旧正月ということもありめちゃくちゃ混んでいました。

新加坡佛牙寺龍牙院


スリ・マリアマン寺院

ヒンズー教系寺院

実はチャイナタウンには ヒンズー教寺院もあります。
 観光地化しておりますがヒンズー教徒系が多いインド系はチャイナタウンではなく、 リトルインディアと呼ばれる別のエリアがあるため、ちょっと異質に感じます。

中に入っても特に何があるわけではないですが、なかなか日本では見ることができない、 ヒンズー教を垣間見ることができます。 お祈りの時間中は入ることができないので、注意してください。

アラブストリート

アラブストリート

さて、ちょこっと移動しまして続いては「アラブストリート」へ。 こちらの最寄駅は「Bugis」駅。
以前はまだ、CityLine(Blue LIne)が部分開通しかして おらず、チャイナタウンからは乗り換えが必要でしたが現在は乗り換えなし1本でアクセスすることが 可能でした。

ムスリムの人がたくさん

観光客向けの人力車的な

結構整備されており観光しやすい

こちらはアラブ系のエリアでムスリムの方が多くいらっしゃいます。 通りでは「シーシャ(水タバコ)」グッズやそこで吸えることができるカフェがあったり、 マレー系、中東系のレストランがあったりします。

チャイナタウンと比べると比較的規模は小さいですが、日本では全く味わえないエギゾティックな雰囲気が 味わうことができます。

スルタンモスル

モスク

日本ではなかなか見ることができないモスルがこちらでは見学することができます。 日本語でイスラム教とは何か?などのリーフレットはを用意していたりするので、 結構勉強になったりします。

 一度もモスルに行ったことがないといったことには特にオススメの観光スポットです。 こちらも、お祈りの時間帯には入ることができませんのでご注意ください。

また、見学を予定している方はあらかじめ服装に気をつけていきましょう。
(入り口でマントを借りることができますが、かなり暑いです!)


リトルインディア

リトルインディア

アラブストリートから徒歩で10分くらい歩くと、「リトルインディア」 があります。 リトルインディアのエリアは広く、目的地によっては降車駅を変えた方が良い場所がありますので あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

独特の街並み

リトルインディアへ

八百屋さん(的なもの)

インド系の人がたくさん歩いている

リトルインディアのエリアにはいると、極端に観光客の姿が少なくなります。 チャイナタウンやアラブストリートと比べ、観光地的なものがすくないところが あるからかもしれません。

前述のヒンズー系の寺院が点在しているので、お祈りの時間に通れば読経(というのか?)が 聞こえてきます。 バックパッカー用の安宿も再開発の関係からか2011年に最初にシンガポールに きた頃と比べると随分と少なくなった印象です。 

エリアが広く、ここでは本当になんでも売っています。 スマホ、PCジャンク品、ジーンズ、タイヤ、オーディオ機器などなど。。。
こんなかんじです。。

ムスタファセンター

ムスタファセンター

入り口

JCBが使える!(持ってないけど!)

リトルインディアに来る方の目指すべきポイントのひとつはこちら「ムスタファセンター
24時間営業でお土産を買うのであればここと言われるほどです。

おそらく買えないものはほとんどないのではないのかと思うほど何でも売ってます。
以前にシンガポールに来た際にも、1日中探し回ってコーヒーグラインダーをここで見つける事ができました。
続いて2日目になりますー

前の記事はこちら
シンガポール旅行記 〜1日目〜 シンガポール到着編