うみとらべる

東京を拠点にして、東南アジアのぶらぶらを記録します。

お気に入りの街 パクセー チャンパサック県

南部最大都市


チャンパサック県全体図

コーヒーフェスティバルの会場として紹介しました、「パクセー
ラオスでよく「南部」として紹介される チャンパサック、サラワン、セコーン、アッタプーの4県が一般的にこのことを指すようです。
この4県の中でも最大の街「パクセー」を有するのがチャンパサック県です。

チャンパサック県のレポートを何回に渡ってご紹介したいと思います。

パクセー

pakse_city
時間がゆったりとしています
ビエンチャンから南部の入り口となる街がこの「パクセー」となっております。
ここをハブにして、県内では世界遺産ワットプー」や名勝「シーパンドン」に向かう人が多くいます。
その他にも
などの起点になっております。
必然的に「要衝」としての役割がここに重点的にあります。
(各種役所などもこちらにあります)

みどころ

人の交わりが多いこの街では、ビエンチャン程ではないですが、「スーパーマーケット」や「マッサージ」などもあります。
さらに宿泊施設もドミトリータイプの格安のゲストハウスから、展示会も開催できるほどの星付きのホテルまでと充実しております。

国際空港となっている「パクセー国際空港」はホーチミンシェムリアップ便が就航しております。ダウンタウンを結ぶ橋がずっと完成しないのはご愛嬌。
次回はクメール式遺跡群の世界遺産ワットプー」をご紹介。

pakse_city_frinedship_bridge
メコン川ラオス国内下流域 あと数十キロでカンボジアとなります

pakse_city_sunset
パクセーの夕日は特に美しい

pakse_city_beerlao
もちろんビアラオはここでも大人気

pakse_city_constructing_road
幹線道路を現在敷設中。より良いインフラ網を構築するために