うみとらべる

東京を拠点にして、東南アジアのぶらぶらを記録します。

ラオス語フォント インストール方法 (iPhone編)

ラオス語フォント インストール方法(iPhone編)



iPhone_screen_Laofont
パーサラーオが打てるようになったよ〜


以前、Mac編(ラオ語フォント インストール方法(Mac編))として記事を書かせていただきましたが、今回はiPhone編をお送りいたします。

Apple社がiOS8をリリースし、この新OSからApple以外のサードパティ(Appleではない会社や個人)がフォントを提供することが可能になりました。

今までは、ラオス語のフォントがiPhoneにはインストールされておりませんでしたので、
これによりラオス語のフォント提供者がラオス語フォントの配布を開始しました。


インストール方法



まずはフォントデータをインストールする必要がありますので、
そちらをApp storeからダウンロードします。


howtoinstall_laofont_iphonescreen
App store からダウンロード

App storeで「Techno key」で検索を行います。
表示されましたアプリをインストールしてください。


howtoinstall_laofont_iphonescreen
このアプリをインストール

TOP画面に戻りますと、「Techno key」のアプリケーションがインストールされております。


howtoinstall_laofont_iphonescreen
インストール後

ちなみに、アプリを立ち上げますとこんな感じにになっております。
キーボードの細い設定などはこちらで行います。
特に「キーボードでラオ語で入力」の目的ではそれほど関係ないので、iPhoneで使用が
できるようになりましたら、色々と試してみていただければと思います。

howtoinstall_laofont_iphonescreen
アプリを立ち上げるとこんな感じ

続きまして、実際のキーボードに反映させる為に、設定を行う必要があります。
設定」を立ち上げてください。

howtoinstall_laofont_iphonescreen
設定を立ち上げる
一般」を選択します

howtosetup_laofont_iphonescreen
一般を選択
続きまして、「キーボード」を選択

howtosetup_laofont_iphonescreen
「キーボード」を選択
キーボード設定画面に入りますと、「新しいキーボードを追加」がありますので、
こちらを選択

howtosetup_laofont_iphonescreen
「新しいキーボード追加」
新しいキーボード追加画面の入り、少し下に遷移しますと、
他社製キーボード」項目があり、先ほどインストールしました、
Techno key ラオ語」が表示されておりますので選択。

howtosetup_laofont_iphonescreen
「Techno key」がでてきております

さて、これにてインストール完了になります。
元のキーボード設定画面に戻りますと、すでにラオ語フォントがインストールされているのが確認できるかと思います。

howtosetup_laofont_iphonescreen
追加されているか確認

実際に使ってみる


使い方は通常の他言語と同様に使えます。
画面上にキーボードが出来てましたら、言語変更ボタンを選択してください。
ラオ語が追加されているのが確認できます。

howtouse_laofont_iphonescreen
ラオス語を使うときはこちらを選択

これで、メールでも検索でも何をするときでも直接ラオス語を打つことができる様になりました。
私自身はまだまだ言葉自体を覚えている段階でした、使用することはまだまだ
ありませんが、日常使用されている方にはかなり朗報になったかと思います。


howtouse_laofont_iphonescreen


まだまだラオス語に未対応のデバイスがありますが、そちらも徐々にではございますが、
紹介できるようにしていきたいと思います。