うみとらべる

東京を拠点にして、東南アジアのぶらぶらを記録します。

ラオス語をMACで読めるようにし、入力できる方法


ラオ語フォント インストール方法(Mac編)


lao_keyboard

ラオ語のインストール方法の日本語での導入方法が探しても無かっても見つからなかったので、今回記事にしてみました。 ちなみに、私は全くわかりません。涙
**注意**
本情報を起因するトラブル・問題に関しては一切の責任を負いかねます。

インストールは自己責任にてよろしくお願い致します。

インストール方法


まずは以下のページより、
LaoScriptOnMac」をダウンロードしてください。イメージディスクファイル(.dmg)がダウンロードされます。



laofont_install_download
ダウンロードが完了しますと、「LaoScriptOnMac.dmg」がダウンロードフォルダに
入っておりますのでクリック。

laofont_install_icn
こんな奴

開きますと。

laofont_install_finderview_LaoScriptOnMac
ファイルが5つ入っております。
その中の「Fonts」フォルダを開いて下さい。


laofont_install_finderview_fonts

Fonts」フォルダを開きますと、

  • Saysettha MX Bold Oblique.ttf
  • Saysettha MX Bold.ttf
  • Saysettha MX Oblique.ttf
  • Saysettha MX.ttf
4つの.ttfデータが表示されます。
このすべてをインストールします。
ファイルをダブルクリックしますと、こんな画面が出てきます。

laofont_install_installview

右下にあります「フォントをインストール」をクリックして下さい。
FontBookのアプリケーションが立ち上がりインストールが完了します。
4つ全て完了しますと、以下の様に「Saysettha MX」に4つ全てインストールできているのが確認出来るかと思います。

laofont_install_installview_fontsbook
4つインストール完了
インストール完了後は「LaoScriptOnMac」へと戻りましょう。

laofont_install_finderview

続いて、「Keyboard Layouts」フォルダを開いて下さい。

laofont_install_finderview_KeyboardLayouts

今度はこの2つのファイルをコピー&ペーストを行います。
2つのファイルを選択し、⌘+Cでコピーを行って下さい。
Finderを開き、メニューバーから「移動」を選択し、さらに出てきたメニューから
フォルダへ移動」をクリック。
するとこんな画面がでてきます。

laofont_install_finderview_move

/Library/Keyboard Layouts ↑これをそのままコピーして、貼付けて下さい。
入力後「移動」をクリックします。
すると、「Keyboard Layouts」フォルダが開きます。
その中に先程の2ファイル

  • LaoSETA.icns
  • LaoSETA.keylayout
をここにコピーして貼付けましょう。 続いて、キーボードを実際に使えるようにします。
システム環境設定>キーボード>入力ソース
の順番に開いていきます。

laofont_install_keyboardview

左下にあります、「+」マークをクリックしてください。

laofont_install_keyboardview_install

左のバーに沢山の言語が表示されております。一番下までスクロールし、「その他」を 選択すると、「LaoSTEA」があります。
これをクリックし、追加をしますと全て完了です。

注意点


現在試してみて分かっている範囲では、 どうやら一部のアプリケーションでは対応してないようです。

入力出来なかったアプリケーション


入力出来たアプリケーション


etc...

どういう違いでできる出来ないかが判別されているのかが全く分かりませんが、 資料を作る際には取り合えず使えそうです。
とてもとても面倒ですが、入力出来ないアプリケーションも入力でアプリで 一度入力し、コピー&ペーストをすれば強行突破は可能です。
まずは、ラオ語の文字を覚えるとこから始めないといけませんね。。。笑
コプチャイライドゥーン!!