うみとらべる

東京を拠点にして、東南アジアのぶらぶらを記録します。

シンガポール旅行記 〜エアアジアレポート〜

エアアジアレポート 羽田ークアラルンプール D7523便

羽田空港から搭乗

羽田国際線初デビューでがエアアジアと嬉しいやら悲しいやらといった感じです。 ウェブチェックインもエアアジアの公式ページやアプリからもできるので便利。

機内レポート

予約方法

いつものように skyscannerで検索からエクスペディア予約といった方法でした。 Skyscannerでフライトの検索はこちらから 航空券徹底比較『スカイスキャナー』 Skyscannerでの検索は定番となりつつありますが、 セールまでは捕捉しづらいので、格安を探す際にはじっくりと時間が必要です。

飛行スケジュール

今回はこんな感じのチケット KL経由でシンガポールまで向かいます。

金曜の夜に日本発/火曜の午後到着便
東京 クアラルンプール 7 時間 45 分 HND 23:45 KUL 6:30 +1 日

乗り継ぎ: 2 時間 00 分

クアラルンプール シンガポール 1 時間 5 分 KUL 8:30 SIN 9:35 エアアジア705

搭乗

ギリギリまで食事をしていたので、急いで搭乗。
搭乗率は結構多めで9割は超えていたかな?
座席は相変わらずのこんな感じ。
airasia_inside_flight
後部座席は若干ひろめ

airasia_inside_flight_pitch
足のピッチはやはり狭目。

幸いにも後部座席付近通路側だったので足は比較的に楽でした。

airasia_inside_flight_ad_table
ここにも広告

airasia_inside_flight_ad_compatment
使えるところは使います。

徹底的にスペースを広告に使ってます 
airasia_inside_flight_books
機内誌もちょっとした楽しみですよね。

airasia_inside_flight_menu
フードのメニューがあたらしくなってました。

airasia_inside_flight_menu
結構スタイリッシュな感じ

メニューも簡素なものから、結構デザインに凝ったものに以前乗った時から差し替えられてました。

まとめ

羽田だからからといって、特に機体の変更などはありませんのでそこまで代わり映えはしないです。
やはりエアアジアLCCだけなあって席もかなりせまめ、うまく利用するには繁忙期を避けるorオプションタウンを利用してみるのが良いかもしれません。
オプションタウンを利用すれば、両隣が空席や、クワイエットゾーン(子供が入れないゾーン)、ビジネスシートへの座席の変更が抽選で格安で出来るサービスです。
こちらもいずれは1本記事を書きたいところです。
以上、エアアジアレポートでしたー。
オプションタウンー>https://www.optiontown.com

シンガポール旅行記 〜羽田空港とウェブチェックイン〜

羽田空港編 スピンオフ

haneda_int_checkin
チェックインカウンター


いろいろ紹介したかったのですが、 シンガポール旅行の本筋からは少しずれるので スピンオフ的に書いてみました。
シンガポール旅行記本編はこちら!=>シンガポール旅行記 〜羽田空港国際線〜
  • ウェブチェックインは必ず!
  • 制限エリアのフードコート

羽田空港でもウェブチェックインを!

haneda_int_airasia
エアアジアカウンター

こんばんは。
シンガポールに行くにあたり、今回は「エアアジア」を利用したのですが ウェブチェックインをぜひしていってください。
 していない場合はこれだけ待つことになります。。。
.
..
..

haneda_int_queing
どえらい!

ウェブチェックインを今回はしていたので、全く並ばずに搭乗手続きボーディングパス発券が完了しました。
通常の搭乗手続きをする場合は、かなり並ばないといけない羽目になりますので ぜひしてください。

エアアジア ウェブチェックイン


エアアジアの場合は、PCもしくはアプリ経由でチェックインができますので事前にすませておきましょう。
(日本語でのウェブチェックインの調子が悪いときがあるみたいなので、言語設定を英語に変更して行うと確実です!)
airasia_webcheckin
TOPページから
airasia_webcheckin
こんな感じでやってくださいな

また、このほかアプリでもできるので、前日あたりに用意ついでするのがいいかもしれませんね。
ただし、ツアーなどで申し込んでいる場合などケースによってはできない可能性もあるので直接申し込みしてない場合は代理店などに確認してみてください。
空港を快適に過ごせるためにも是非活用ください!

最適なチェックイン方法を!


大手の航空会社ですと、ウェブチェックインもしくは空港での自動チェックイン機などが利用できますので そちら利用してみてください。
haneda_int_checin_vendor
これは大変便利

制限エリアフードコート

haneda_int_airside_foodcourt
制限エリアフードコート

今回のシンガポール旅行では金曜の退勤後に直接空港に行くというルートでしたので、 夕飯も空港で撮ることにしました。 制限エリア内にはフードコートエリアが用意されております。
位置的には出国手続き終了後の左手へまっすぐ、112~114番ゲート付近にあります。
haneda_int_airside_map
引用:羽田空港国際線旅客ターミナルマップ

詳細な空港なMAPはこちらから
羽田空港国際線旅客|フロアマップ

潤沢な座席数


haneda_int_airside_seats
席数はかなりたくさんあります

haneda_int_airside_seats_outlets
電源席もあり。搭乗ギリギリまで充電することができます

haneda_int_airside_seats_sofa
ソファ席でゆっくり

haneda_int_airside_foodcourt_view
席数は豊富です!

フードコートと言っても日本の玄関口のひとつである羽田空港
いろんなものが食べることができます。

haneda_int_airside_foodcourt_sushi
SUSHI

haneda_int_airside_foodcourt_noodles
麺類

haneda_int_airside_foodcourt_udon
うどん・そば

haneda_int_airside_foodcourt_curry
カレー

haneda_int_airside_foodcourt_steak
ステーキ

haneda_int_airside_foodcourt_bar
バー

haneda_int_airside_foodcourt_soup
スープ

haneda_int_airside_foodcourt_okonomi
粉物

全てはこちらで紹介することはできませんが、どれか目移りするほどいろいろあります。
飛行機に乗る前からワクワクしますね。

六厘舎のつけ麺を夕飯に

ちなみに今回は最初から決めていた「六厘舎」のつけめんです。
東京駅の東京駅 ラーメンストリートでもいつ行っても行列ができているつけ麺のお店が羽田空港にも出店しております。
もちろん人気ではありますが、東京駅のように60分も待つ必要はありません。
次々と乗客は乗っていくので空いております。

haneda_int_airside_foodcourt_ramne
つけ麺をオーダー

haneda_int_airside_foodcourt_noodles
めん

haneda_int_airside_foodcourt_noodles_soup
つけスープ

haneda_int_airside_foodcourt_noodles_chili
唐辛子
じっくりと味わいたいところでしたが、なんとボーディングタイムギリギリまで時間がかかってしまい走っていく羽目になりました。(次回食べるときにはゆっくり味わいたいです。。。)
お値段も空港価格!ではなく、ノーマルを注文すれば千円以内におさまる良心的な価格設定でした。

さてさていよいよKLに向かいます。。。
=> シンガポール旅行記 〜1日目〜 シンガポール到着編

haneda_int_airside_boarding_gate
ギリギリ間に合ったボーディング@羽田空港


シンガポール旅行記 〜羽田空港国際線〜

羽田空港国際線ターミナルはかなり綺麗!

haneda_int_airport
出国ロビー3階
ご無沙汰しております。なかなかブログが書けずに日々過ぎ去って行く日が早いものです。。。
東京に移ってきてから初の海外渡航国際線ターミナルを初めて利用することになりました。

今回の旅先はシンガポール
LCCエアアジア便でKL経由にてシンガポールを目指します。
さて、2020年のオリンピックに向けて羽田の再国際化が進んでいるのは皆さんもご存知かと思います。

意外と首都圏に住んでいる人でも仕事で海外出張などが多い人ではない限りはまだまだ行ったことないよ!
という人が多く、依然として国際線は成田というイメージがかなり強いようです。
今回初めて制限エリアまで入る機会となりましたので簡単に紹介したいとおもいます。

羽田空港国際線ターミナル

アクセス

仕事終わりに空港へと向かうベタベタルートで行きましたが本当に便利でした。
渋谷からでしたら、
渋谷ー品川ー羽田空港 といった感じでの移動でした、
空港に到着するとすでにそこは空港なので緒結でそのまま到着ターミナルor出発ターミナルへとアクセスが出来ます。
haneda_int_airport_station
駅直結。カウンターまで3分かからず。

コンパクトな作り

空港自体は発着枠数も限られていることもあり、それほど大きくはないですがかなり新し建物なので色々な嗜好がこらされています。

haneda_int_airport_departure
相変わらず綺麗

haneda_int_airport_departure2
それほど広くはない

haneda_int_airport_deck
デッキからの眺望はめちゃよい。

「日本」を感じてもらえる4階フロア

日本の江戸時代にタイムスリップしたようなスタジオ風な造りとなっており、外国人観光客を最後の出発するまで飽きさせないようになっております。 その中に飲食店や、本屋、
お土産屋などが入ってる形となっております。

東海道の起点「日本橋」を模した部分もあり、ここから旅に出るという雰囲気を醸成させてくれます。 橋を渡った先には絵馬をかけるところがあり、たくさんの絵馬が並んでしました。こちらは購入して空港絵馬的に飾るみたいですね。

haneda_int_airport_bridge
旅のはじまり

haneda_int_airport_NIHONBASHI
東海道が起点です

haneda_int_airport_ema
絵馬がこんなところに、、、!!!

haneda_int_airport_ema_vendor
こんな感じで販売されてます

haneda_int_airport_restaurant
江戸の雰囲気を再現

haneda_int_airport_book_store
書店も外観はこんなかんじ

haneda_int_airport_tsujiri
最後まで日本を楽しめてこういうのいいですよね

週末旅行にありがたい「シャワールーム」

金曜の夜便で週末短期旅行へ!という方も多いと思いますが、 仕事終わりでいくとお風呂に入ることができないのが懸念点です。
国際線ターミナル2F到着ロビーにシャワーラウンジが用意されており、有料ですが利用することができます。

1080円でお隣にあるカフェのドリンクチケットがついてますのでかなりお得にさっぱりとした状態で出発することができます!
関空より充実してますね涙)
haneda_int_airport_shower
2階到着ロビーにあります

haneda_int_airport_cafe
このカフェ付近にシャワーがあります。こちらは24時間営業

haneda_int_airport_reservation_memo
空きがない場合はこちらを渡されます。

haneda_int_airport_cafe_coffee
コーヒー

haneda_int_airport_shower_free_dirink_voucher
なんとシャワーを浴びるとカフェバウチャーがもらえちゃいます!
詳細MAPはこちらから => 羽田空港国際線旅客ターミナル|2階到着ロビー
シャワーの詳細はこちら => 羽田空港国際線旅客ターミナル|シャワールーム

出国手続き

ここでは写真撮影できませんでしたが、一番ピーク時間に荷物検査&出国手続きを通りました。 そこそこ並ぶことになりましたが、荷物検査を通ると自動ゲートが利用できますのでするっと通過することが可能でした。

相変わらずの利用者の少なさに驚きました。 無料なので是非ご利用ください。(窓口に行けば後からスタンプも押してもらえますよ!)

制限エリア

制限エリアでも買い物することところがかなりたくさんあり驚きました。 イメージとしては規模は小さいものの韓国のハブ空港仁川のような雰囲気でした。

特に入ってすぐの免税店では炊飯器やお菓子のお土産など最後までお金を落としてもらえる?笑ような仕掛けがたくさんありました。

haneda_int_airport_limited_area
制限エリア
haneda_int_airport_free_cart_service
乗車カートもあります。

haneda_int_airport_duty_free_shopping
電子ジャーから定番のお菓子系お土産まで

haneda_int_airport_food_court
フードコート

haneda_int_airport_food_court
かなり席数があります

haneda_int_airport_limited_area
横に広いです


まとめ。

いつものように空港に6時間前入(爆)などはできませんでしたので、徹底解説のようなことはできませんでしたがコンパクトなターミナルの中に様々な工夫が凝らされていておもしろかったです。

残念な点としてはプライオリティーパスなどの空港ラウンジ利用などはできず、航空会社系ステータス会員のみのラウンジしかなかった点でした。
プライオリティパスの利用できるラウンジも今後できることに期待したいと思います。 (日本では楽天カードプレミアムで多すぎて採算があわないのかな?)

次回利用時には制限エリア内のところをもう少し回ってみたいと思います!
週末前にはたくさんの方が利用されるので、必ずウェブチェックイン(羽田空港でもウェブチェックインを!)を利用してくださいね!めちゃくちゃ並ぶ羽目になっちゃいます。

では、いざシンガポールへ!=> シンガポール旅行記 〜1日目〜 シンガポール到着編
haneda_int_airport_boading
搭乗!

ラオスのヘンテコ観光スポット ブッダパークに行ってきたよ

ブッダパーク


先日ビエンチャンに行った際に今まで行くことができていなかった「ブッダパーク」についに行ってきました。
何もすることがない」と形容されるラオスの中でさらに何もすることがないと言われるビエンチャンにおいては貴重な観光スポットのひとつです。
ブッダパークアクセス
ブッダパークへはバスターミナルから出ている市バスが便利です。
mittaphab」行きに乗車するとブッダパークまで行くことができます。
Mittaphabはタイとの国境ポイントになりますので、ほとんどの人はこちらでおりますがそのまま引き続き乗車しているとブッダパークへ行きます。

市バスの乗り場


bus_stop_vientiane
バス乗り場

何本か路線があるので注意


ブッダパークとは


ブッダパークに到着
まとめ

2015年 ブログの振り返り

今年もありがとうございました



今年も早くも最終日となってしまいました。
昨年かなりの勢いで書いていたのですが、特に何も考えず時間がたくさんあったので書きたいことがあったのと比べて今年は色々とやりながら書いたりとしていると最終的にそれほど書くことができなく無念です。
今年に仕入れたネタは年末年始にできるだけ書きたいと思っております。

UMITRAVEL ブログ 2015

今年も書きたいことを書きたい時に書くというのがコンセプトで書いていたのでした。
とは言っても記事のほとんどは前半に集中しており、後半はネタがあるにも関わらず書くことができなかったのは反省です。
せっかくインプットを行っているのでしょうもなくてもいいので、ひとまず出すというのを意識して出すというのをまた改めて行っていきたいと思ってます。

今年のブログ件数 月別
123456789101112total
98322110001128

来年はちゃんとした記事も書きたい時に書きつつも、
ボリュームのあるものばかり書くのではなく、ちょっとしたものでも書いていくことができればなと思ってます。
件数では100件くらいは書きたいと考えていおります。
3日に1回と考えるとできそうな気がしますけど、続けるっていうのは難しいですね。
努力します。
また、せっかくなので数値も測定しながら今後はやってみようと思います。
ちょっとマニアックすぎるもの(笑?)も多いので、僕の書いたもの中で比較的読まれているスワンナプーム空港の情報やナコンチャイバスエアー情報など役立つ情報も意識しながら記事作りができてイケれればなと考えてます。

また、その他の東南アジア系コンテンツも妄想中でございます。。。。笑

個人的な2015


個人的には職種が180°変わる?といった形になりまして、今までは営業的な仕事をやっていたのですが、エンジニアよりの仕事へとなりました。

まだまだ修行中の身ではありますがこのブログでも東南アジア的視点から業界の情報収集などできれば紹介したいなと思ったりしております。
こちらもぜひご期待していただければと思っております。

ラオスの鉄道計画 内陸国から東南アジアの中心へ

現在のラオスの鉄道


現在のラオスはわずか総延長3.5km
タイのノーンカーイ<=>ラオスのタナレーン間を接続しております。
交通の足として利用されているというよりは、「鉄道で国境を渡る」という感覚での観光要素が強いものです。
長年の間、最貧国の位置にあるラオスでは「Land-lock country(内陸国」から「Land-linked contry(各国を繋げる要衝)」へと目指しております。
経済的に大きな影響を与える鉄道インフラを敷設を実現することは、大きな経済的発展をもたらすと考えております。
長年の計画から、先般の中国との合意により構想から着工段階へと移りつつあります。
今回は具体的なルート、資金調達方法などをご紹介したいと思います。

計画路線

2015年現在ラオス政府から発表されている(Vientiane Times参照)鉄道敷設計画が4路線あります。

1A 中国ルート


現在ステータス:着工開始
想定ルート:ボーデン(中国国境)ービエンチャン
先日着工が始まった路線。中国が相当量の資金を拠出して整備される。


A3 ベトナムルート


現在ステータス
想定ルートビエンチャン<=>タケーク<=>ムヤ
最終的には Ha Tinh省のVung Ang 港及びタイへの港へと接続。採用狭軌は標準狭軌の1435mm 

3C ベトナムルート


現在のステータス:調査準備段階 
想定ルート:サワンナケート<=>ラオバオ(ベトナム国境)
出資者のマレーシアの「Giant Rail Company Limited」と
220kmの計画を進めていくことに合意している。
KOICAによって3万ドルの実施調査を行う支援金が拠出される予定。


Laos Giant Rail Company Limited awarded the 220 KM Savannakhet to Lao Bao Electrified Railway's Project Management...
Posted by Dato Tock Min Kin on Saturday, 13 September 2014

3D タイルート

現在ステータス:調査準備段階
想定ルート:タケーク<=>サワンナケート<=>パクセー<=>バンタオ(タイ国境) 

資金調達スキーム

最も心配される点としては、ラオス側にそのような視力があるかという点ある。
ラオスの主な産業は「売電・鉱山物」の2点が多くを占める。
しかしながら、技術力の乏しいラオスでは残念ながら安い値段での未加工の状態(付加価値のない状態)での販売となり、外資企業により技術的な供与を受け販売が行われている。また、その技術力を伝承や学習する環境や動機もあまり活発とはいえない。
上記の1Aルートでは総工費円。ということになっているが、
これが表向きの支払い配分である。

実際にはのところはこんな感じ。


不安要素満載でのスタート

過去にも外国援助・協力によりスタジアムを作ったものの整備やメンテナンスにかけ流お金が捻出できず廃墟のような状態になっているということがあった。

遂に日本に!?ジョリビーの世界進出計画

遂に日本に!?ジョリビーの世界進出計画




ジョリビーの日本進出に関する予定が報道


Jollibee expanding to UK, Italy, Oman http://j.mp/jollibee222
Fastfood chain operator Jollibee Foods Corp. is expanding its global footprint by bringing its flagship store Jollibee to five new markets next year, including the United Kingdom, Italy, Canada, Malaysia and Oman.

ファーストフードチェーン「ジョリビーフード」は2016年にイギリス、イタリア、カナダ、マレーシア、オマーン  などに旗艦店を進出をする予定をしております。

It also plans to open Jollibee stores in Australia and Japan in 2017, a company executive said over the weekend.
2017年にオーストラリア、日本にも進出予定であります

という報道がなされました。
在日フィリピン人の少なくない日本でもジョリビーがあってもおかしくはない国の一つでしたがいよいよ具体的な進出時期が報道されるようになってきました。

ジョリビーとは?



ジョリビーに関しては過去に少し調べてまとめたものがありますので、こちらをご参照ください。

ジョリビーとは?
http://www.umikujira.asia/2014/12/cebucity-jollibee.html

まとめ


フィリピンに行ったことがある方は一度は行ったことがあるあのジョリービーが
日本にもいよいよやってきます。
過去のバーガーキング再進出やタコベル進出に勝ると劣らない衝撃ですね。
1号店は「リトルマニラ」こと足立区竹の塚にできるのでしょうか?
今後もこのニュースに目が離せないですね。